momolife

ももいろTRAVEL ももいろTRAVEL

2018.1.29 Mon

TODAY’S PHOTO

フォトグラファー・Tammy Volpeさんが撮り下ろす
金沢写真を公式instagramで日々更新。

2018.6.20 Wed

#ももいろtravel で検索。

ALL VIEW

ももいろ金沢ガイドVol.5

築45年のオフィスビルを改築したリノベーションホテル

海外からも注目集める日本の文化を、旅しながら再発見。

HOTEL 【KUMU 金沢 -THE SHARE HOTELS-】

海外からの観光客も年々増える金沢では、今リノベーションホテルが注目を集めています。昨年8月にオープンしたばかりの「KUMU 金沢 –THE SHARE HOTELS-」も、築45年のオフィスビルを改築。街に眠る空き物件をリノベーションしてホテルにする、という新業態が話題になっています。
「KUMUホテル」は観光中心地の香林坊や近江町にもほど近い百万石通り沿いに位置し、外観はいわゆる鉄筋ビル。がしかし、一階のガラス張りの窓から中を覗くと、普通のオフィスビルとは異なる雰囲気を醸し出しています。

エントランスを入ると圧倒させられるのが、天井を覆い尽くす木組みのディテール。コンクリ―トの無機質な質感に木の素材感が合いまってあたたかみのある空間に。ソファやテーブルは特注でデザインされ、日本らしい紺色のファブリックで、全体をコーディネートしています。オフィスビル時代の名残である駐車場の守衛所の丸窓や元々の柱や壁なども生かされつつ、スタイリッシュで新しい空間へと変貌を遂げています。

ホテルに併設されたティーサロン「KISSA & Co.」の正面カウンターには、茶釜や茶道具が並び、金沢の茶の湯文化を感じる事が出来て気分が上がります。この茶釜をはじめ、器などは金沢の工芸作家の方々の作品を扱っているそうです。ティーサロンではお茶のほかに、地元の和菓子屋から取り寄せる上生菓子なども。さらに抹茶ビールなるものもあり、新しいお茶の楽しみ方を味わいたい人にも嬉しいラインナップ。街にひらかれたティーサロンとして、ツーリストからローカルまで様々な人が集う場所となっています。

客室のタイプは全部で6種あり、スタンダードなタイプから、個室に2段ベッドが2台あるバンクタイプの部屋など、カップル、ファミリー、グループなど様々なツーリストのニーズに対応しています。畳敷きの小上がりのある部屋もあり、宿泊先でも金沢らしさや和の趣を求めたい人にお勧めしたい空間です。

さらに、注目すべきは館内に展示されているアート作品。各フロアにKUMUのコンセプトに沿ったアート作品が展示されています。たとえば、ランドリースペースには、現代アーティストの高本敦基氏の洗濯バサミを使ったインスタレーションがあったり。各階眺めるだけでもちょっとしたミュージアムに来たよう。その他アーティストや工芸作家、茶人の方々を迎え、伝統文化を体験で出来るイベントやワークショップも開催しているそうです。

老舗の旅館ではなく、とはいえただのシティホテルでもない。地域に根付くリノベーションホテルという形によって、現代的な視点で金沢の文化に触れる滞在が楽しめる。これからの新しい旅行のスタイルがここにあるような気がしました。

KUMU 金沢 -THE SHARE HOTELS-
住所:石川県金沢市上堤町2-40
https://www.thesharehotels.com/kumu/

 

ももいろTRAVELは火曜日更新!

次回は、金沢ダイジェスト

MOMOIRO TRAVEL
TOP