momolife

桃酔気分 桃酔気分

2017.9.29 Fri

「仕事と絆とお酒」

H: 今宵はスナックへ。お酒が飲めて、ごはんも美味しく、トークと共にカラオケも楽しめる!ゲスト2人がかなりレベルの高い飲みをしていそうという理由で一軒目からいきなりセレクトしました。

G: ピーチ・ジョン広告宣伝担当の安井さんとWEBの難しいことを色々やってくれているゆんちゃん。2人はピーチ・ジョンで働く前の会社でも一緒に働いていたんだよね。

牧: そう、お互い新卒で入ったイケイケの広告代理店で。わたしが一つ上でゆんちゃんのOJT(職業教育)を担当してました。

ゆ: いやー、ほんとその頃の牧子さんは性格が悪いヤな奴で。冗談抜きでいつか殺してやろうと思ってました。

牧: また、怒るとこの子がドラマかってノリで机で泣くんですよ!「泣くならトイレに行け!」つってまた怒ったりしてた。

H: …今の牧子さんからは想像できないけど…。でもさ、ゆんちゃんをうちの会社にスカウトしたのは牧子さんだし、なうは関係良好なんでしょ。

牧: まあ、仕事内容が離れてからはじょじょに。同じ仕事をしてちゃいけなかったってことかなー。5年後くらいには一緒に飲みに行くようになってたよね。

G: 5年かかったのか…。長いね…。今でもよく飲みに行ってるの?

ゆ: 今は牧子さんがママだから頻度は減りましたね。今年沖縄でやった結婚式には家族で来てくれましたが。

H: 家族で、って相当仲良しじゃん!

牧: HさんとGさんこそ、ずっと一緒に仕事してるよね。わたしが転職してきた時、ビューティ(現在は廃刊。涙)を2人でやってた。

G: 懐かしい。創刊から携わって、当時の上司が「ビューティは企画がカタログも作るべき」という志があったから、コスメ商材の買付けや企画もやったりして、大変だったけどいい思い出。

H: 買付け先では、それまで縁がなかったメーカーのおじさま、っていうか絶対オーバー60だったから初老?と接待という名の飲みに行ったりして、大人の階段上った感じあった。

G: そうそう!こっちが接待される側のはずなんだけど、60オーバーのコテコテ日本人男性と当時20代のわたしたちだと必然的におもてなしする側に回ってしまい、焼酎の水割り作らされたよねー。

H: 当時は焼酎なんて飲んだこともなかったから、配合さっぱりわからず、「薄い」とか言われて、面倒くさいもん頼むな!って思いつつ。
今なら完璧に作れる自信あるのに。

牧: へー。わたしたちは代理店で営業飲みは鍛えられたよー。カラオケも、営業で培った鉄板ネタソングも持ってます。ゆんちゃんのあややダンスは必見だから。

ゆ: まあでも営業ソングで、踊りだけだから期待しないでください。

牧: そうそう、この子音痴だから。

G: …2人って、気持ちいいくらいお互いズバズバ言い合うよね。

牧: いつの間にかゆんちゃんもすごい言ってくるようになったの。わたし最近すごく太ったから戒めるために、「太ってるって言え」ってお願いしてるんだけど、それにしても「このタイミングで言う!?」って時に言ってくる。会議中とか!

ゆ: だってショック受けさせないと言う意味ないし。ほんとに太ったし。

H: 一時は殺したいくらい厳しく憎かった先輩にそこまで言えるようになるって、歴史の重み!

G: 仕事で濃ゆい時間をずっと過ごしてると独特な仲になってくるよね。共通の話題もありすぎてお酒のネタも増える一方。

牧: わたし、毎週末オールで飲んでいる女だったから妊娠してからのお酒の別離が辛くて辛くて。今は飲みに行けるようになったとはいえ、月2日程度。だから外飲みはめちゃくちゃ貴重なの。ほんとに楽しめる人としか行きたくない。ゆんちゃんは、そうなってからもまあ飲み仲間としても続いてますね。

H: じーん。いい話やんけ。そして、そんな月2の貴重な機会を譲ってくれてありがとう。またぜひお願いします。

H:

カタログ『PEACH JOHN』『momo Life』編集長。お酒ネタではありませんが、近所の野良猫が子猫を出産してから庭に居座り始め悩んでます…。家に侵入する勢いの一枚。

G:

カタログ『SALON by PEACH JOHN』編集長。 最近の飲みごはんヒットは、麻布十番にある 「饂飩くろさわ」。お出汁のきいた美味しいおでんたちに、感動。写真はトマトおでん。

ゆん:

ピーチ・ジョンの主にECサイトをよりよくすべく奮闘中の才媛。台風の中強行した福岡食い倒れの旅で、あらゆるご当地グルメを堪能。もつ鍋、絶品でした。

牧子:

広告宣伝を担う2児のママ。最近、意外にもひとり飲みデビューしました。展示会後の疲れを癒したく、カフェでハイボール。1人で焼き鳥屋に行けるようになりたい。

momoyoikibun
TOP