momolife

YUKA MANNAMI/まだ、夢見た旅の途中。 YUKA MANNAMI/まだ、夢見た旅の途中。

2017.8.30 Wed

夢の原点

三重で生まれて、育ったのは和歌山の田舎。自然に囲まれて育った野生児で、今日の撮影でもおわかりいただけたと思うんですけど、けっこうなお転婆に育ちました。
ほんとうに田舎で、もう『村』って表現がぴったり。住んでいる人はみんな知り合いで、村人に挨拶!みたいな環境だったので、初対面でも物怖じしない、人見知りのあまりない性格はそれも影響しているのかもしれません。
家庭は、わりと厳格でした。両親は、わたしに薬剤師になってほしかったんです。姉も薬剤師の道を進んでいて、高校生までは何でも姉に倣う感じだったから、わたしもきっとそうなるんだなあって漠然と思っていました。将来は地元で祖父母と一緒に暮らしたくて、そのためには資格のある仕事がいいと思ったから、薬剤師はぴったりだったし。
でも考えたら、自分はもっと人と接するお仕事が好きだし、だったら薬剤師よりも看護師のほうがいいかなと高校3年のギリギリのタイミングで進路変更をしました。
それまでは親の言われたとおりにしていたので、この進路変更が初めて親に口答えしたときかもしれません。
大学卒業後は、看護師としてオペ室に配属されました。
そこがほんとうに生と死の現場だったんです。
毎日命に向き合っていると、「人生は一回きり」という意識がすごく強くなって、だったら後悔しないように好きなことをしたい、って考えるようになりました。
そしたら、今しかできないことでいちばんやりたいことはモデルだったんです。
学生時代にお小遣い稼ぎ感覚で始めたモデルは、友人のショーに出たり、テストシュートに参加したりというかたちで続けていたんですけど、本格的に仕事としてチャレンジしてみたいと思ったんです。
特に仕事のあてもなかったけど、あんまり「うまくいかなかったらどうしよう」とかは考えませんでした。
色々考えすぎると、重くなって動けなくなる気がするし、それこそ思いたったうちに行動したかった。目の前のやりたいことを一生懸命やることのほうが大切でした。大阪に戻らなきゃいけなくなるんだったら、そのときはそのときかなって。
それで1年続けた看護師を辞めて、東京に出てきました。それがモデルとしてのちゃんとしたスタートです。

萬波ユカ

1991年生まれ。DONNA所属。2015年7月のモデルデビュー直後にユニクロのワールドキャンペーン、FENDIの来日コレクションショーに抜擢。同年9月にはパリコレ出演を果たし、以降世界のコレクション、広告で活躍。現在はNYを拠点に移し表現の場を拡張中。

YUKA MANNAMI
TOP