momolife

WILD FLOWERS WILD FLOWERS

2017.10.20 Fri

小悪魔はなぜモテる?! (2010)

「小悪魔はなぜモテる?!」の主人公オリーヴは、地味で恋愛に縁のない高校生です。目立たない存在でしたが、幼なじみからあるお願いをされてしまったことから、彼女の悪名が学校中に轟くことになります。「オリーヴって女の子は誰とでも寝るんだって」本当のオリーヴはまだ男性経験ゼロなのに!お人好しのせいでとんでもないことを引き受けてしまったと気がついたオリーヴでしたが、わざわざ弁明するようなことはせず、逆に開き直ってみんなが考えるままの彼女の姿で通学しようと決めるのです。

その時にオリーヴが選んだ服装が黒いレースのビスチェでした。ビクトリア調を意識したデザインなのか、リボンやフリルがあしらってある少しデコラティブなものでしたが、黒だからそんなに甘い雰囲気はありません。ナサニエル・ホーソーンによる19世紀のゴシック・ロマン小説の「緋文字」を意識して、彼女はそのビスチェの胸元にアルファベットのAをかたどった赤いワッペンを縫いつけます。ホーソーンの小説では、夫に家出された主婦が不義の子供を産んだことで、姦通の罪を犯した女の象徴であるA(adulteress)の字がついた服を着せられるのですが、オリーヴは逆に自分でそのAの文字を身につけることで、自分の行動を恥じたりしない強い女の子像を演出するのです。オリーヴを演じたのは、ブレイク直前だった頃のエマ・ストーン。勝気でユーモラスな役は彼女に似合っていました。
 オリーヴは黒いビスチェにブラックジーンズと模造パールのネックレスを合わせ、黒いサングラスをかけて堂々と登校します。その姿は、80年代の下着ファッションのマドンナの更にクールな娘みたいでした。マドンナがビスチェ・ファッションを流行らせた頃は、ハイスクールにビスチェで通おうとする女子生徒たちを取り締まるのに学校側が大変に苦労したという話を聞いたことがあります。「小悪魔はなぜモテる?!」を見て、オリーヴのファッションを真似したいと思ったティーンも少なくないに違いありません。

山崎まどか

コラムニスト、翻訳家。映画や音楽、文学などカルチャー全般に造詣が深く、特に女子という軸から紐解く独自の視点にファンが多い。主な著書に『女子日和』(アスペクト)、『オリーブ少女ライフ』(河出書房新社)など

LINGERIE IN CINEMAS
TOP